back at Gyrotonic Movement Center

l was back in Seattle again for a week so I took this opportunity to visit Karen at GMC. Luckily, she was in town and she gave me a thorough session on archwayand jumping stretch board. I had tried the archway before but it was my first time to try the jbs so it was really exciting.

Karen showed me some of the basic movements done hanging on archway where I could concentrate on using the abdominals and serratus anterior to shift weight. Hanging my body weight would prevent me from using my shoulders so it was easier to know the precise part I needed to use and it created natural resistance so it really made me work harder.

On jbs, there were lots of good exercises to work on inner thighs and abdomimals just by sliding legs and going down into squats. Having both feet on slides required more control to move legs apart in equal distance. I also did upperbody opening series including lots of spiraling and opening up from sternum and softening scapulae. Again, core stability was essential to move smoothly without strain between the shoulder blades. It helped me realise my habitual tendencies and weaknesses. At the end Karen also squeezed in a few modification tips for my clients so I’m looking forward to trying it when I return to Tokyo.

I also took Jane’s Gyrokinesis class. I met her 3 years ago at updates at GMC. She is based in Kansas City but she happened to be teaching Gyrokinesis pre-training course when I was there.  She did the full 60 minute format using 90 minutes and I had not done the full format in ages. It was a real luxury to have enough time to savour it.

It was a very short trip but I really enjoyed seeing old friends and spending time for my own training.

image

コンディショニングスタジオMOVES

ご報告が大分遅くなってしまいましたが、4月末より日比谷線の三ノ輪にあるコンディショニングスタジオMOVESにてジャイロトニックを担当することになりました。

こちらのスタジオにはトレーナー養成コース中からずっと指導実習の練習で大変お世話になっていて、ここのジャイロトニックマシンは私の一番好きなヨーロピアンデザインで、とても良くメンテナンスされていて動きがすごく滑らかで使いやすかったので、資格取得後もジャイロトニックマシンのレンタルをさせていただいていました。

スタジオの雰囲気は適度にアットホームで落ち着いて集中できるのでとても快適です。ジャイロトニックマシンの反対側にはピラティスの機材があり、間には広々としたスペースと壁一面に鏡があるので、ナロウイングやアーチ&カールの確認、ホームワークシークエンス、シバリング&ニーディングもお客様と一緒にじっくりできます。また、ウイングマスター、ウェッジ、ストレッチポール、スタビリティトレーナーやbosu等々トレーニング道具やプロップスも完備されているので、動きの練習を色んなバージョンで試したり応用できるのが個人的にもとても嬉しいです。

スタジオオーナーの竹井さんはすごく気さくで様々なリクエストにいつも快く対応してくださり、スタッフの皆様からの信頼も厚く、大変慕われています。二年半ほど前にドイツのデュッセルドルフにもスタジオを設立されたので、現在はドイツを拠点に活動中ですが、今月たまたま出張で一時帰国されてたので、スタッフの皆様とのお食事会に参加してきました。皆様個々に独立した活動やお仕事も掛け持ちされているので、担当の時間帯もばらばらで殆ど一同に会して集合する機会がないそうですが、それにもかかわらず終始全くブランクを感じさせない一体感と笑いが絶えず、お互いに本音で話せる風通しの良い雰囲気でした。皆様から感銘や刺激を受けながら私も日々精進してまいりたいと想います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

ジャイロキネシスの応用 <手足の集中ヒーリング – 機能回復と活性化- >

手足の機能回復と活性化に特化したジャイロキネシスの応用コースを受講しました。イースターホリデーの最中にもかかわらず11名のグループで家族連れの方々も何人かいて、とても賑やかでアットホームな雰囲気のコースでした。開催場所はカリフォルニア州のサクラメントから車で90分ほどの人里離れたところにあるオールズグッドファームというのどかな農場。帰りの飛行機が早朝フライトだったため空港から農場までの交通手段はレンタカーしか選択肢がなくて無事たどり着けるか若干ドキドキでしたが、ナビのおかげで全く迷子にならずに済みました。宿泊施設は一番近くて車で20分離れたところまでいかないとなかったので私は農場の中にあるトレイラー(キャンピングカー)に泊まったのですがトイレやシャワーも屋外で久々のキャンプ体験でした。何とここで開催されたコースに海外から参加したのは私が初めてということで、温かく迎えてくださってホッとしました。まあじっさいは遠路遥々極東の僻地から訪問者がやってきた〜!!みたいな感じだったのではないかと想いますが。。。笑!参加者は地元に住んでて車で毎日通って来る人が半分くらいで残りは敷地内に泊まっていたので合宿のようなノリが懐かしく新鮮でもありました。

コースではジャイロキネシスの基本フォーマットをベースに、それ以外のレベル2やロータスブロッサムやハッピームーブス、ブリージング等々の動きから発展させたシークエンスがたくさんあったので、とても覚えやすく分かりやすかったです。そして60分や90分フォーマットのように全部を通さなければならないわけではなく、一つ一つのエッセンスを部分的に普段のフォーマットに取り入れて何通りものパターンをデザインできるのでレパートリーも増やせて大変有意義でした。

コースを受けて改めて思ったのは、身体の色んな不調、バランスの崩れ、故障、痛みは思いの外手足の末端の問題から発生しているものが多いということです。腱鞘炎、テニス肘(上腕骨外側上顆炎)、外反母趾、モートン病、アキレス腱炎、へん平足、足底筋膜炎といった悩みは身近でたくさんあります。日常生活において誰でも手足を使わないことはないにもかかわらず、酷使するばかりで痛みや違和感を感じない限り何もしないままだったりします。特に足に関してはヒールや革靴の狭い空間に押し込めて長時間いることもざらにありますよね。手足を使った分1日の終わりにじっくり休めたり、じっくりほぐして、本来持っている可動域をフルに動かせるようにトレーニングしていくと運動能力が向上するだけでなく、疲れずに楽に動けることが自分の身体で試してみてよく分かりました。普段から手足のケアを少しでも心がければ楽に動ける身体を長く維持につながっていきますね。

正解は一つではなく、どの角度からスポットライトを当てるかによって色んな活用法があり、マスタートレーナー同士の間でも、創始者のジュリウ・ホーヴァスさんのこの動きは自分はこう解釈してたけど、そのアプローチでやってみるとここがもっと意識できていいわね!!という具合にフレキシブルに色んなアイディアをシェアしてくれてとても参考になりました。身体の条件がそれぞれに異なる相手にどうしたらもっと分かりやすく確実に伝えられるかということを常に創意工夫して柔軟でクリエイティブな発想ができることがトレーナーとしてやはりすごく必要だと想いました。

今回の開催地の周りに商業施設が全くなくお昼も夜も食事を一緒にする機会も多かったため、3日間という短い期間でしたが幸いなことに参加者の皆様とコース以外のお話をする時間がたくさんありました。農場のオーナーさんはジュリウさんと共にずっとジャイロトニックの初期の頃から携わっているノーラ・ヘイバーさんというベテランのマスタートレーナーで、ものすごくおおらかでピリ辛なお笑いセンスもあって周りの皆様からとても慕われてる気さくな方でした。そして講師は元気一杯の明るいマスタートレーナーのエマ・キングストンさんで、たくさんの情報をテンポ良くまとめながら進んでいったのであっという間の内容の濃い3日間でした。生まれた時に足の指がぎゅっと丸まって脚もO脚で脊柱側彎症も患っていたそうですが、自らの努力によって見事にそれをすっかり克服してその過程で学んだ情報を5年ほどかかってジャイロトニックとジャイロキネシスのコースに作り上げたそうです。1日目の夕食はエマさんのご主人のヴィンスさんが腕を振るってワイルドなバーベキューをご馳走してくれながら学生時代に友達が日本で英会話講師をしてたのでその友達を訪ねて日本に遊びに来たことがあると話してくれました。その時に初めて食べたしゃぶしゃぶが素晴らしく美味しくて感動したから絶対にアメリカでも流行ると思ってたのに、しゃぶしゃぶのお店が少ないのは何故だと思う?と、とても残念がっていました。きっと分厚いステーキを食べ慣れていると薄いお肉をお湯に通す食べ方はたくさん量を食べないと満腹感が得られなくてそれがまどろっこしく感じられるのかもしれませんね、、、

また参加者の中にはマスタートレーナーの方々も数名いらっしゃったので、ジュリウさんとの面白エピソードやジャイロトニックエクスパンションシステムが作られていった過程を直に経験して来られた歴史と苦労話やマスタートレーナー界での話題になってること等々についていろいろ聞けて実に興味深かったです。

そして、皆様とても親日的で日本に対する良いイメージを持っててくださってすごく嬉しかったです。香川県の中学校で英語を教えてたことがある方や、今度6月にファイナルサーティフィケーションを行うために訪日するマスタートレーナーの方やプロダンサーだった時に日本公演で来たことがあるマスタートレーナーの方など、とても良い思い出があると話してくれました。特に、日本や台湾や韓国のコース受講者はとてもやる気があって敬意をすごく示してくれるのでマスタートレーナーは皆アジアに教えに行きたがってるんだそうです!日本では受けられないコースもたくさんあるので、ぜひぜひこれからももっと色んなマスタートレーナーの方が日本でコースを開催してくださるといいですね!!それぞれのマスタートレーナーやその時一緒になるトレーナーのカラーによって毎回全然違う新しい考え方や刺激に出逢えるので次回のアップデートはどこでどんな方々とどんなことをしているのか楽しみです。

Gyrokinesis® Application for Healing and Rejuvenating the Hands and Feet Course

I took Gyrokinesis® Application for Healing and Rejuvenating the Hands and Feet Course as my update at Allsgood Farm in Penn Valley, CA.

〔where I stayed〕
Although it was in the middle of Easter holidays, there were more than ten participants and some of their families also came along which added an extra nice homey feel to the sequestered idyllic setting blessed with rich nature. The more, the merrier indeed. It was about 90 minutes by car from Sacramento. The nearest town was about 20 miles away from there and I figured it would be less of a hassle to stay in one of the on-site accommodations so I stayed in a trailer which was very cozy and snug. There was hot shower, infrared sauna, and communal kitchen so it was like a luxurious camping so to speak. Surprisingly, I happened to be the very first international participant to take the course there and I was very grateful everyone went out of their way to make me feel so welcomed. It must have been rather startling to see anyone come such a long way away! About half of the party was area trainers who commuted and the rest were staying on the farm and had meals together so it brought back my memories from summer camp that my parents once sent me to in the deep woodlands of Massachussetts.

〔what I learned〕
Using 60 min and 90 min formats as a basis, the course consisted of variations of movements and sequences developed from Level 2, Lotus Blossom, Happy Moves, and Breathing etc etc, incorporating the essence of each movement but focusing more on particular parts of feet, hands, ankles and elbows that were deeply connected and directly affected the entire body. So they were familiar and straightforward to follow and remember. And it wasn’t required to do all of what we learned in the course at one go so we could play around by breaking them down into segments to use as supplementary material for clarifying particular movement or function of the body or picking out a couple of elements and inserting them in between the usual format. It gave me lots of new ideas and tools which I found very useful to design the class in many different patterns to best match the needs of clients of the day.

I also reacknowledged how various physical disorders, imbalanced conditions, malfunctions, injuries, and pain attributed more often than not to problems in the extremities. Tenosynovitis, tennis elbows, bunion, Morton’s neuroma, Achilles tendonitis, flat feet, plantar fascitis are just a few of all too common issues we come across. There’s not a single day that we don’t use our hands and feet, but unless we feel any discomfort or pain we take them for granted and tend not to pay much attention to them as much as we care about our face or neck or shoulders or back where more obvious fatigue easily builds up. Many office workers spend most of the day with their feet cramped in high heels or hard leather shoes but neglect to take good care to unwind them at the end of each day so they end up overusing them. After a thorough self massage focused particularly on these areas that easily get strained and also moving various bones and superficial layers and muscles of my hands and feet in different directions that I’d never moved so much before, I could feel the difference in rubbery tenderness around the congested areas and once those parts were more relaxed, the mobility range seemed to increase even in that short period in the course. So if we cared to spend more time to relieve tension from these parts after using them in order to regain or train to be able to utilize full range of motion we originally had, then we would certainly be able maintain a body that can move effortlessly and efficiently over a longer period of time.

There’s always more than one right answer and depending on from which angle you focus on the issue, the application of particular movement or its effectiveness on a certain part of the body may change. There were different interpretations, too and we shared them. One person had seen Juliu’s movement in a certain flowing rhythm to flourish and another person focused on a different element of the same movement and put more emphasis on the heaviness to create contrast of gathering energy to the center and then letting it burst out. The former gave me the feel of a beautiful flower blossoming out in peace while the latter was like scooping water and splashing it around in joy of blessed rain and both felt really great. I think having these kinds of variations in the texture or intensity of movements and being able to savor the different sensations and also having choices to apply them is what makes the method so amazingly interesting and unique. I also felt that good trainers were always flexibly open to different ideas and approaches and were constantly experimenting how best they can get across the intended aim with clarity and devised ways with ingenuity to achieve them.

〔people I met〕
Since there was no commercial establishment nearby, we had lots of opportunities to have meals together which also gave us chances to get to know each other outside of class. So in these three days, I got to listen to many interesting stories.

Allsgood Farm was run by Nora, an experienced master trainer, and her amiable husband Cliff. Nora had worked with Juliu from the early days and I saw how everyone was so fond of her candid personality with a delightfully quirky sense of humor and a generous heart so that was the reason why so many people had been drawn there.

The course was taught by Emma, a master trainer from Portland, who was so full of zest and passion to fulfill people’s appetite for learning more. There was a lot of new information to take in but she summarized everything so well in an orderly sequence and zipped along so the three days went by in a flash. She told us her toes were curled up into almost tight fists when she was born and her legs were bowed and developed scoliosis later on but she found ways to get around them and put together all the findings from her study and experience into this course. I was deeply impressed with the potentials of the human body and how it was capable of making such significant changes.

Emma’s affable husband, Vince cooked us a scrumptious barbecue dinner on the first day. He told me he’d been to Japan before to visit his friend who was teaching English there. That was when Vince had his first shabu shabu, a Japanese dish cooked by stirring thin slices of meat in a pot of simmering broth for a few seconds and then dipped into a sauce to eat. He was very dissapointed that he could hardly find any shabu shabu restaurants in the States and didn’t understand why it wasn’t popular because he thought it was so good. Compared to chunky steaks, I guess you would have to repeat “swish, dip and eat” quite a lot to get full so maybe they just couldn’t be bothered…!

There were also a few master trainers in the group so I got to hear about their amusing episodes and challenges with Juliu, the history of how the teacher training was done back in those days and hardships before the whole system evolved into what we know today.

I didn’t expect there would be so many people in the group who had been to Japan and I was so glad to know they returned with such pleasant memories. Stephanie told me she taught English at junior high school in Kagawa and spoke to me in Japanese.  Kathy was coming to do final certs in Tokyo in June and she told me she enjoyed teaching in Asia because students were focused and respectful and many master trainers looked foward to visiting. There is a number of specializedcourses that aren’t available yet in Japan so I really hope the good reputation continues so that more people might be encouraged to come out here and open doors to the new world. I’m excited to find out what may be in store for me next. Fingers crossed!


imageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimage

ダンサーのための踊りに活かせる身体の使い方のコツ

ジャイロトニックのエクササイズでの身体の使い方や意識するポイントはダンサーの方にも即役立つ要素がたくさんあります。それを日々のレッスンの中に取り入れて実践すればダンスパフォーマンスの向上に活用できることを、ジャイロトニックトレーナーのキンドール・ペインさんが大変分かりやすくまとめてらっしゃるのでご紹介いたします。

原文はこちらをご参照ください。

Take Home Tips #1: For Dancers by Kindall Payne


ダンサーのクライアントさんにお伝えしているジャイロトニックセッション中と受講後にできるいくつかのコツを皆さんとシェアしたいと思います。
これらのコツは全てダンスのクラスでも基本的に教えられていることですが、プライベート・セミプライベートトレーニングだと改善が必要な部分に個別に集中して、より深く掘り下げてクリアにしていくことが可能です。また、プライベートや少人数のグループトレーニングでは自分の身体の状態を自分のペースでよく把握することができます。今回ご紹介するコツはたくさんあるうちのいくつかに過ぎませんが、ジャイロトニックではどんなことが行われていて今後のダンスのパフォーマンス向上にどのようなメリットがあるのかがお分かりいただけると思います。

《骨盤をニュートラルの位置に保つ》

ダンサーの方は(ダンサーに限らず誰でも)骨盤の位置が後傾または前傾している場合が多く、動いている時もその傾向にありがちです。このように動いていると一見うまく動けているように見えるかもしれませんが、それによって発生する問題や怪我は(例えばお尻や背中が硬くなる等)当然のことながら長く健康に動ける身体を維持することにはあまり役に立ちません。このようにダンサーによくありがちな過ちは骨盤をニュートラルの位置に保つことで(特に立位時)、防ぐことができます。そしてニュートラルな骨盤によってできる身体のつながりが動きの練習やプレパレーション(動きだす前の準備)をやりやすくします。
骨盤がニュートラルな位置にない時というのはどういうことかというと、例えばダンサーがタックイン(骨盤が後ろに倒れている状態)している状態や、あるいは反り腰になっている場合です。このような状態だと、動脚が所定のポジションに戻ってきた時に回旋させる筋肉がきちんと連動できなくなってしまいます。この脚の動きは骨盤がニュートラルな位置で行うと内腿と腹筋がちゃんと使われます。従ってダンサーの方には、ジャイロトニックセッションで教わったホームワークをしたりタンジュやプリエをする時にニュートラルな位置に骨盤(と背骨)を維持する練習をレッスン前や本番前にすることをお勧めしています。

《脚全体をアンドゥオール(回旋)する》

その他にダンサーの方に多く見受けられるのは脚全体に対して足先の過回旋です。この状態は見た目的には美的に感じられるかもしれませんが、本来の正しいアンドゥオールはできていません。脚全体を付け根から回旋することによって膝や足首の怪我を防ぐことができるので、正しくアンドゥオールできているかはプリエやタンジュの際に特に重要なポイントとなります。
ジャイロトニックのハムストリングを使うエクササイズは仰向けの状態ですることによって背骨にかかる重さが軽減され、股関節が自由に動かしやすくなり、正しい回旋(内旋と外旋両方)の仕方を体感しながらしっかり練習するのできちんとできるようになります。この練習をしておくと立位になっても身体の準備が整った状態で臨むことができます。
また、ハムストリングのエクササイズをする時は脚全体にエネルギーを通して股関節から脚全体を回旋するように繰り返し注意されます。そうすれば股関節の動きに伴って足やつま先もついてきます。このように全体のつながりをキープすることによって使うべき筋肉をきちんと使うことができるようになるので結果的によりターンアウトがしやすくなっていくのです。クライアントさん(特に腰に痛みや問題を抱えている方)にはダンスのレッスン前に時間を作ってジャイロトニックで教わった正しい動かし方やホームワークのエクササイズをしてターンアウトする筋肉をウォーミングアップしておくことをお勧めしています。そうしておくと、いつものクセが出てしまったり、上記に示したように骨盤が必要以上にずれてしまった時に自分で気付けるようになるからです。

《肩は下げるだけでなく広げて使う》

ダンスでは上体の動きも様々な形で要求されるため、肩甲帯の周りについている筋肉や回旋するときに使う筋肉を使いすぎて大きな負担をかけてしまいがちなので、その動きの中で背中を支えるための筋肉を正しく使えるようにすることがとても大切です。それは肩を下げるだけでなく、大きく広げて使うことです。そうすると腕が動いている時も背中の筋肉がしっかり使えていて安定しているので腕がもっと自由に動かせます。

その他にも、ほんの少し肘を曲げた状態を維持したまま肘から動き始める腕の動き(これはジャイロトニックメソッド全般に渡って共通するテーマで、脚の動きでも類似の動きがあります)はポールドブラの腕の使い方にかなり有効です。

肘を若干曲げたまま上腕の裏側から動き始めることによって肩甲帯と腕の回旋の正しい動きがさらにしやすくなります。肩を横に広げると肩のラインが長くなるので、決まったポジションを正確に素早く通って動く時にはより効率的に腕を動かせるようになるのです。

《肋骨をつなげて使う》

ダンサーの方は柔軟性が高かったり柔らかすぎたりすることが多いため、アライメントのずれが共通して見られます。その一つは立位・座位・運動中における肋骨のつながりが抜けている状態です。このつながりをしっかり作って維持することで背中を支えバランスを保つことができます。また肋骨のつながりで得られる背中の支えは脚の裏面を使う際にも重要な役割を果たします。しかしダンスのレッスン中にこれを感じるのは当然のことながら難しいので、実際はクライアントさんには肋骨を緩めて身体の裏側も長く伸ばしてから動くようお伝えしています。

重心が前や後ろに傾き過ぎていると全身のアライメントが崩れてしまうので立つことも脚を使うことも回すことも困難になります。背を高くして立ち、両脚を感じながら身体の背面を意識しやすくするために肋骨のつながりを使いましょう。ジャイロトニックではどの面での動きであっても(例えば寝ていても座っていても立っていても回していても)ずっと肋骨のつながりを保ったままエクササイズをします。また、動きながら呼吸も使えると筋肉の緊張がほぐれ、使う筋肉の適切な力加減、長さ、広がりが分かりやすくなります。

《必ずしも全部がストレッチとは限りません》

例えばレッスンの始めにプリエやカンブレドゥヴァンをする時に自分の気持ち良く伸ばせる最大限のストレッチを感じたくなる方は多いかと思います。ウォーミングアップをちゃんとするとレッスンを通して最後まで身体の使うべきところを使って安定を維持でき、怪我を減らすことができます。クラスの始めに行うエクササイズはすでにウォーミングアップ済みであることが前提で行われるものの場合もありますが、そうでなければレッスンの最初はウォーミングアップとして使いましょう。また、身体を長く伸ばして使うには適切な可動域を得るために正しいアライメントと強さが必要です。

ジャイロトニックメソッドでは身体の内側に向かってエネルギーを集め、外側に向かっていく動きを作り出し、そこから必要な長さや伸びを作っていくことに重点が置かれています。そのためただ動きの美しさだけにとらわれないようにすることもとても大事です。

《テンポに遅れない》

正確なタイミングはダンサーをより音楽的にしてくれるので極めて重要です。それによってダンサーは必要に応じて必要な筋肉を始動させることができ、自分の悪いクセを直していくことが可能になります。何かの動きや振りを覚える際にテンポに遅れないようにするにはどうしたらいいかが分かっていると音楽性、全体の調和、及び表現についての個人の解釈の幅が広がっていきます。ジャイロトニックメソッドが他の種類のエクササイズと違うのは軽快なリズムや異なる質感や感触を駆使して、長くつながった一連の動きができるようになるところです。

ジャイロトニックセッションでは踊りと同様にエクササイズ毎に色んなテンポやリズムを活用して感覚や意識を高め、しなやかな強さを作っていくのでそれぞれの動きには様々な性質、質感、表現の要素が含まれているのを覚えておくことが大切です。セッションではまず始めに正しい動きを教わってクライアントさんができるようになってから、呼吸やリズムの要素を入れていきます。もしその動きを続けるのが困難になってきた場合はどこの筋肉のつながりが失われて抜けてしまったのか(アライメント等)をクライアントさんご本人で確認してもらい気付けるようにしていきます。同じ様にダンサーの方はダンスのレッスンの時もそういったポイントをチェックすると良い(すべき)でしょう。

レッスンを受けて動きの練習をするのは自分の身体がどんな状態になっているのか良く自分で確認し、理解を深めていく時間でもあります。自分の身体には何が必要なのか、どうしたらそれを得られるかをチェックする確認作業の時間を積極的に取っていくようにするともっと踊りの楽しさが広がっていくと思いますので是非心掛けてみてください!


image〈キンドール・ペインさん〉

カリフォルニア州とメリーランド出身。現役コンテンポラリーバレエダンサー、認定ジャイロトニックトレーナー、運動連鎖リリースセラピストとしてロンドンにて活躍中。

center of gravity and spherical awareness

身体で理解した

引き上がってないと非効率的に消耗するだけ

釣り合っているから強くつながって動きに無駄がなく自然につながる

それを不自然なところで止めたり力が入ったりして均衡が崩れ軌道から外れるから違和感を与える

動きに伴って移動する軸の上に重心を常にもってくれば他に余計なことをせずに最も楽に最短で効率的に流れるということ

struck by a physical sensation of the truth;

how precise transition of center of gravity over the base of support that changes along with the movement creates enhanced stability and continuous flow

how opposing forces in comprehensive spherical awareness of sagittal, coronal and axial orbits create supple mobility and sustained lyrical movement

image

明けましておめでとうございます

旧年中も大変お世話になり皆様の温かい ご芳情に対し心より御礼申し上げます。 たくさんのご縁と機会に恵まれあらゆる刺激と発見と学びに富んだ一年でした。ずっと支えて下さっている皆様の想いとご期待にもっとお応えできる様より一層精進してまいりますので2016年も変わらぬご好誼の程ひとえにお願い申し上げます。

 

— 2016年に向けて —

旋律と調和し滑らかに渦巻きながら息吹と共に頂点へと膨らみ

放物線状に伸びやかにしなるカーブを描き一瞬の時間差を超えてぴったり揃う

途切れることなく広がり続ける時空間の繋がりが生み出す優美さを目指して

image

 

2016

I’m humbled and grateful
for your goodwill and loyalty
throughout the past year!
counting my blessings
wishing you more
for 2016 abound with
fresh blooms of hope and
new unfolding horizons
I very much look forward
to seeing you in the New Year

 

—–

with flowing harmony the culminating spirals create a smooth moment of breathtakingly beautiful interlude in resilient parabola and yet still seamlessly segue into completion of the full movement on the dot
– the ultimate grace of engaged spatiotemporal unity

my ever-evolving pursuit for 2016 and beyond

 

image

lodestar

It’s a real blessing to have found my guiding light which helps me carry on through the many trials and adventures that I face, and gives me hope to always look up to.

Learning from someone not only with strong work ethic that inspires me to push towards excellence, but also with strength and courage to make the world a better place to live in, who is so generously giving and teaches with such great passion, is a privilege I enjoy.

I am truly grateful for being able to share similar values as well as receptiveness toward new different approaches and intuitive creativity to adapt and apply to individually unique conditions.

Your radiating light full of warmth and zest illuminates my path.

vx